HOME > 疲労を溜めない工夫

疲労を溜めない工夫をする

デスクワークでは長時間の作業で目が疲れ、フィールドワークでは足や肩に疲れが来る。現代の生活というのは年に関係なく、何かと疲労が貯まるものです。そんな疲労は積み重なっていくと段々身体に不調をきたし、しまいには生活に支障が出てしまいますから、身体のためにも疲労は出来るだけ残さないようにしたいところです。ここではそんな疲労の症状とその改善法について詳しく説明しています。



なぜ疲れるの?

忙しい人は疲れる。ではそのメカニズムは?というと解っていないのが実情。肉体的疲労は、ある程度身体を休めることで回復しますが、100パーセント回復することは可能なのでしょうか?


全身疲労

年齢とともに疲れやすくなっている気がしませんか?しかし、個人差で疲れやすい人と疲れにくい人がいるのは何故なんででしょう?


眼の疲労

現代では、携帯ゲームやスマートフォン、iPadなどの普及により小さな文字を見る機会がとても増え、目が疲労しやすくなっています。では、目に疲労を溜めないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?


内臓疲労

疲れていて食欲が無く、簡単な食事で済ませたりしていませんか?そういう時こそ肉・魚・野菜をバランスよく取りましょう。


睡眠

普段は7時間、運動後は8時間が理想的な睡眠。日々仕事が忙しく寝る時間があまりとれない方もいるかもしれない。就寝する時間も大事で、できるだけ週1度は夜11時に寝るよう心がけるといいようだ。


入浴と睡眠

入浴剤の色や香りで心が安らぎ、落ち着くことができる入浴。疲れを取るのには効果的といわれているようだ。また、昼食後の睡眠も効果的に疲れを取る方法の一つのようである。寝すぎは良くなく、昼食後の15分程度の睡眠がよいらしい。


筋肉疲労

日々の疲れにより体が緊張し、筋肉の疲れとなる。この筋肉の疲れが心の緊張を招き心身ともに疲れた状態に陥るようである。空いた時間を見つけて、緊張した筋肉を運動によってほぐすとよいようだ。


肩こりと腰痛

デスクワークが大きな要因となる肩こりと腰痛。特に一日中座っている仕事の方は、この症状に悩まされる確率が高くなるだろう。私もデスクワークの仕事だがときに肩こりには悩まされる。PCの画面を見ていると目が疲れ、肩も徐々にこりやすくなる。


ページTOPへ