HOME > 肌の健康も大切に

肌の健康も大切にする

シミ・シワ・乾燥肌など、肌の状態が悪くなるのは、環境の変化だけではなく、普段の悪習慣が原因となっています。昔なら、肌の健康を求めていたのは女性だけでしたが、近年は男女関係なく身体の健康の一つとして、肌の健康を気遣うようになりました。もし、あなたが肌荒れを気にしているならば、こうした風潮に便乗して自分の習慣を見直してみるのもいいと思います。ここではそんな肌の健康について紹介しています。



カサつくメカニズム

乾燥した季節になると、肌がガサガサになり、洗顔するのにも洗顔料が使えなくなったり、白い粉が吹いたように見えたりすることありますよね。でもなんで肌も乾燥するのでしょうか?


見直したい生活習慣

実は食生活が乾燥肌に大きく関わっています。スキンケアとともに毎日の食生活を見直してみましょう。


ドライアイの原因はコンタクト?

ドライアイとは、涙の質が変化したり分泌量が減ったりすることで起きるトラブルのこと。このドライアイには生活習慣や環境が大きく関わっています。


日焼け後のアフターケア

夏に油断をすると日焼けをしてしまいますが、ちゃんとシミやシワにならないようにアフターケアをしていますか?日焼けしてしまったものはしょうがないので、しっかりとしたアフターケアでシミやシワを防ぎましょう。


乾燥肌の原因

間違ったスキンケアによる原因の可能性が高い乾燥肌。ゴシゴシ洗い流さずぬるま湯などで丁寧に洗い流すことがコツらしい。肌はとてもデリケートなので、丁寧に洗い流すことを心がけよう。


体のケア

間違った体の洗い方が、乾燥肌を招いているようだ。汗をかくと体をよく洗いたくなるが、実はぬるま湯で汗などの汚れはほとんど落ちるらしい。体の肌もデリケートなので、丁寧に洗い流すとよいかもしれない。


冬でも日焼け?

冬なのに油断していると日焼けすることもあるようだ。紫外線はUVBとUVAの2種類がある。年間を通して紫外線量の変わらないUVAは、冬でも日焼けを起こす原因となる。紫外線対策は年間を通して大事になってくるのかもしれない。


いつまでも若い素肌を保とう

肌の角質層は季節によって、厚くなったり薄くなったりするようだ。特に春は敏感肌になりがちとのことなので、保湿を心がけ肌のバリア機能を高めるといいかもしれない。


ページTOPへ